耳鳴り 耳がピーとなる

耳がピーとなる耳鳴りが起きるのは?

スポンサーリンク

 

 疲れが溜まっていたり、体調が悪い状態の時などには耳鳴りに悩まされることも珍しくありますん。
 そのような場合には、ゆっくりと休むことで耳鳴りも解消するようになるものです。

 

 しかしながら、時にはピーとなる耳鳴りが続くようなことがあるかもしれません。
 そのような場合には、どうしたらいいのでしょうか。
 ここでは、耳が「ピー」となる耳鳴りについて、その原因や対処法などについてお話しします。

 

 まず、耳鳴りとは実際には起きていない音が聞こえてくるようになるものです。
 そのような耳鳴りを「自覚的耳鳴り」と呼んでいます。
 これは、自分にしか聞こえないということでもあります。

 

 これに対して、耳から発生する音が他の人にも聞こえることがあり、「他覚的耳鳴り」と呼ばれます。
 この場合には、何らかの音が発生していることが原因となっていることが多く、病気の可能性も出てきます。
 勿論、本人にもその音が聞こえるようになります。
 一度、病院で診てもらうことが大事になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 耳鳴りで多く見られるのは、内耳に異常が起きていることが原因となっているものです。
 他にも、耳垢が詰まってしまったり、中耳炎などによる影響が見られることもあります。
 この中でも、「ピー」とか「キーン」とかいう耳鳴りでは、高音側が障害を受けている可能性が高くなり、内耳による原因と考えられるようになります。

 

 このような内耳の異常では、いくつかの病気が考えられます。
 代表的な病気としては、メニエール病が挙げられます。
 これは、内耳の内リンパ水腫が原因と考えられている病気です。

 

 メニエール病では、耳鳴りだけではなく、めまいや難聴を伴うことが多く、その発作が治まっても繰り返し続くようになるのが特徴です。
 ただ、内リンパ水腫(リンパ液が増えすぎてしまう状態)が何故起こるのかについてはよく分かっていません。

 

 この他にも、耳鳴りを引き起こしやすい内耳の病気に突発性難聴があります。
 突然、片方の耳が聞こえにくくなり、それとともにめまいや耳鳴りを引き起こすようになります。

 

 メニエール病に似た症状が多いものの、めまいが消えても難聴や耳鳴りは続いて起こることが多くなります。
 原因についてもハッキリとはしていませんが、内耳の神経にウイルスが感染することなどが考えられています。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。