ふわふわ めまい 続く

ふわふわとしためまいが続くのは危険かも?

スポンサーリンク

 

 めまいはグラグラ回転する感覚に襲われ立てなくなったり、立ちくらみに似た症状をいいます。
 または歩いているとふわふわ地に足が着かない状態や動いているとクラっとするような程度の軽い症状もあります。

 

 めまいの原因は、主に人間の平衡感覚を司る耳の中にある三半規管が異常をきたして起こることにあります。
 耳の内部構造は非常に繊細で、適確な治療をなるべく早くに行わないと回復しない場合があり注意が必要です。

 

 治療はふわふわとした症状が出始めた頃から1週間以内が最も改善する効果が高く、その後は時間が経てば経つほど回復する確率が低下していきます。
 めまいが続く状態を放置して1ヶ月以上経過してしまうと完治することは難しく、後遺症として生涯症状が続くことがあります。

 

 後悔しない為にも少しでも違和感を感じたら、病院やクリニックの耳鼻科を受診して検査を受けるようにしましょう。
 重要なのは専門医である耳鼻科を受診することです。
 内科を受診して経過を診ている内に手遅れになってしまう可能性があるからです。

 

スポンサーリンク

 

 治療には、ステロイド剤の点滴を投与することが効果的とされています。
 しかしステロイド剤を使用すると自己免疫力も低下してしまうので、感染予防の為に入院が必要とされることがあります。
 またステロイド剤の副作用としてむくみや不眠、食欲増加などの異変を感じることがありますが、投与が終われば副作用もなくなります。

 

 治療期間は10日から2週間程で、その後はステロイド剤を投与しても効果が変わりません。
 また長期間ステロイド剤を投与すると体に負担が掛かるので、例えふわふわとしためまいの症状が改善されていなくても基本的に中止となります。

 

 その後はメチコバールなどのビタミン剤を服用して血流を良くして改善を促します。
 それでも症状が続くようですと、完治が難しくある程度は仕方なく過ごしている人も多いです。

 

 また民間の治療院では、独自の手技で針治療や漢方で症状の改善を施しているところもあります。
 多くの治療院では保険が効かない自費治療となります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。