お風呂上がり めまい 吐き気

お風呂上がりにめまいや吐き気を起こした場合の対処法は?

 お風呂上がりにめまいや吐き気を起こした場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

 

 お風呂上がりにめまいや吐き気を起こした経験はありませんか。
 湯船で温まった後で立ち上がると、頭がボーッとして意識が遠ざかったり、目の前が暗くなったりといった症状が起こることがあります。

 

スポンサーリンク

 

 一言でいえば、お風呂上がりは血圧が変化するので注意が必要なのです。
 寒いお風呂場で服を脱ぐ行為は、血管が収縮し血圧が上昇します。
 湯船に浸かり身体が温まると、血管が膨張し血圧が降下します。

 

 お風呂上がりは、脳にあった血液が体の下のほうに下がってしまい、脳が貧血状態となることからめまいや吐き気といった症状を起こしてしまいます。
 脳に十分な酸素が行かなくなってしまうからです。

 

 目の前が見えなくなってしまう症状は、自律神経の異常から起こると言われています。
 吐き気や耳鳴りなどの症状は、脳神経などの異常、自律神経失調症、耳や鼻などの疾患なども考えられます。

 

 このように、入浴する際には血圧が変化しさまざまな症状が起こる場合があるので注意が必要です。

 

 お風呂上がりにめまいや吐き気を起こさないためにも、日常的に対策が必要です。
 湯船から出る時は、急に立ち上がらないようにしましょう。
 ゆっくりと何かにつかまりながら徐々に立つようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 温度差があるほど血圧の変化が激しくなるので、熱すぎる湯船は問題です。
 ややぬるま湯程度にするなどの工夫も大切です。
 また、脱衣所の温度を上げておくなど、温度差をできるだけなくす工夫をしましょう。

 

 お風呂に入ると、汗をかき血液がドロドロになると言われています。
 特にお年寄りは注意が必要です。
 お風呂に入る前に、水分を摂ることで予防しましょう。

 

 もし、お風呂場でめまいや吐き気を起こしてしまったら、すぐにしゃがんだり、椅子に座ったりしてください。
 無理に動こうとしないで、横になれるならば、横になり安静にすることが大切です。

 

 体の水分を拭き取り、頭と足を冷やしましょう。
 回復してきたら水分を摂るようにしてください。
 お年寄りや貧血、自律神経失調症などの人は特にお風呂上がりは気を付けてください。

 

 次の記事はこちらです。
 ふわふわとしためまいが続くのは危険かも?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。