めまい 一瞬 原因

一瞬のめまい!気になるその原因とは?

スポンサーリンク

 

 立ち上がった瞬間に、一瞬ふらっとめまいを感じたことはないでしょうか。
 その症状が出たら、起立性低血圧症になっているかもしれません。

 

 起立性低血圧症とは、横になっている状態や座っている状態から急に立ち上がった時に、血圧が下がってめまいやふらつきを感じる病気です。
 一瞬、目の前が真っ黒な状態になったり、動悸などが現れたりすることもあります。

 

 立ち上がった時には、血液は下半身の方へ流れていき、心臓に戻る量が減ってしまいます。
 通常であれば、心拍数を上げたり心臓の収縮が大きくなったりすることで、血圧を維持しようとします。

 

 しかしながら、何らかの障害で血圧が維持できないと、立ち上がった時に低血圧となってしまいます。
 これが、起立性低血圧症が発症する原因となります。

 

 この症状は、午前中に比較的多く現れるようになります。
 特に食後などには起きやすく、めまいと共にふらつきや動悸が起きたり、場合によっては失神することもあります。

 

スポンサーリンク

 

 また、高齢者は身体の水分が減少しており、起立性低血圧が起きやすいとされています。
 さらに自律神経失調症などを患っていたり、血圧の薬や利尿剤などを服用しているとこの症状が起きやすいと言われています。

 

 この症状は、立ち眩みなどと間違えて軽く考えてしまうことも多いようですが、頻発する場合には注意が必要です。
 一度、病院で診てもらった方がいいでしょう。

 

 病院での診断では、 起立した時の血圧を測定して診断するようになります。 
 起立後の血圧が3分以内で収縮期20mmHg、拡張期10mmHg以上の低下が認められると起立性低血圧症と診断されます。

 

 治療するためには、生活面での改善が基本となりますが、場合によっては薬も使用していきます。
 まずは、日頃の生活習慣を見直してみましょう。
 栄養バランスの良い食事を心掛け、疲れやストレスなどを溜めないように充分な睡眠を取りましょう。

 

 また、適度な運動や趣味などでのリフレッシュを取り入れていくことも大切です。
 お酒は楽しくほどほどにして、タバコはやめるといいですね。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠すると、めまいや吐き気、冷や汗が出やすいのですか?

 

スポンサーリンク
 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。