めまい 受診 タイミング

めまいで受診するタイミングはいつがいい?

スポンサーリンク

 

 めまいと一言で言っても様々な症状が起こることがあります。
 めまいでは、その症状の特徴から、大きく3種類に分けることができます。

 

 それぞれの症状を見ていきましょう。
 また、その症状が現れた場合に、どの病院を受診するのかと受診のタイミングについても併せてお話しします。

 

回転性めまい

 グルグルと強い感じで回転のするめまいです。
 めまいと共に吐き気などを催すこともよくあります。
 この回転性めまいの場合では、耳に異常のあることが多くなっています。
 そのため、回転性めまいでは、耳鼻咽喉科を受診するのが最も適しているでしょう。

 

浮遊性めまい

 身体がふわふわと浮いたように感じるめまいです。
 浮遊性めまいと共に、頭痛やしびれなどの症状が起きた場合には、脳梗塞等の脳に病院の疑いがあります。
 このため、浮遊性めまいでは脳神経外科や神経内科等を受診るのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

立ち眩み

 クラっとしたフラつきや立ち眩みなどが起こる場合には、貧血や血圧の異常などが疑われます。
 このため、立ち眩みをした場合には、内科等を受診するのがいいでしょう。

 

 このように、めまいの症状である程度の原因を予測することができます。 
 それに関連した診療科を受診することが、治療をスムーズに進めることになってきます。

 

 ただ、中には、症状の判断ができないめまいが現れることや二つ以上の症状がでるようなめまいに襲われることがあるかもしれません。
 そのような時には、めまいが最も起こっている耳鼻科へ行くとよいでしょう。
 或いは、普段からのかかりつけ医がいれば、そこで相談することもできます。

 

 また、受診のタイミングについては、めまいが起きている最中が最も望ましいのですが、その場合には、動くことも困難になっています。
 このため、症状が落ち着いたら、できるだけ早く病院で診てもらうことが大切になってきます。
 無理をしない程度で病院へ行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。