めまい ふらつき 寝起き

寝起きのめまいやふらつきは何かの病気?

スポンサーリンク

 

 朝、目が覚めて起きようとした時に、グルグル回ったような感覚に襲われたことはありませんか。
 寝起きにめまいやふらつきがある場合には、「良性発作性頭位めまい症」かもしれません。

 

 これは、急に頭の位置が変わった時に、耳の内耳にある耳石の一部が剥がれて三半規管の中に迷い込んでしまうためと考えられています。
 グルグルと目が回る感じが強く、吐き気などを伴なったりすることもあります。
 回転性めまいと呼ばれることもあり、めまいの中では比較的よく起こるものでそれ程重症化することはありません。

 

 発症するタイミングとしては、夜寝ようとして横になった時や寝返りをした時、朝の寝起きなどが多くなっています。
 頭を上げたり、下げたりすることで、三半規管に入ってしまった耳石が動き回り、内耳のセンサーの誤動作を起こしてしまうものです。

 

スポンサーリンク

 

 このめまいの発作は、通常では数十秒〜数分程度で治まるのですが、度々現れるようになってしまいます。
 男性よりは女性に比較的多く見られ、40代以降で増加していると言われています。
 昼間の掃除や洗濯などの家事の最中にも現れるようになり、悩む人も多くなっています。

 

 このような症状が現れた場合には、まずは耳鼻咽喉科で診てもらうことが必要になります。
 眼振検査を受けることで、はっきりとした診断ができるようになります。

 

 ただ、病気と言えば病気なのですが、この場合には特効薬はなく、耳石を取り除くようにするしか方法はありません。
 どのようにしてこの耳石を取り出すかというと、運動や体操によって頭を動かして、中に入り込んだ耳石を外に出すようにします。

 

 病気だからと言って、寝ていては一向に回復することはありません。
 耳鼻科の医師の指示に従って、積極的に運動や体操を続けるようにしましょう。

 

 とは言え、その最中にもめまいの発作が起こることがあるので、発作に注意しながらも体操をするということが必要になります。
 時には、吐き気や嘔吐を引き起こすこともあるかもしれませんが、しばらくの辛抱と思って体操を続けてみるようにします。
 それでも、一向に改善されない場合には、再度医師に相談するようにしましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 知らないと怖い?軽いめまいが続く原因は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。