めまい 吐き気 冷や汗 便意

めまいと共に吐き気や冷や汗、便意を感じたら?

 あなたは、最近めまいを感じませんか?

 

 めまいと、一緒に吐き気や冷や汗、便意なども感じたら病気になっているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 それは、どんな病気かというと、メニエール病と呼ばれるものになります。

 

 メニエール病は、めまいと耳鳴り、難聴などを繰り返し起こすようになる内耳の病気になります。

 

 耳の内耳には、蝸牛や三半規管と呼ばれる器官があります。
 その蝸牛には、リンパ液で満たされていますが、そのリンパ液が増えて圧力が大きくなることがメニエール病の原因とされています。

 

 ニエール病では、代表的な症状にめまい、耳鳴り、難聴といったものが現れます。

 

 それに伴って、吐き気や嘔吐、冷や汗、便意といったもの催すようになることもあります。
 耳が詰まったように感じる耳閉感がでるようなことも多くなっています。

 

 メニエール病が厄介なのは、これらの症状が治まっても、またある時突然現れるようになることです。
 しかも、何の前触れもなく、いきなり発作に襲われることも珍しくない病気です。
 このため、発作と安定を繰り返すようになるのです。

 

スポンサーリンク

 

 メニエール病の原因はリンパ液の圧力異常といことはわかっているものの、何故その圧力が異常になるのかはわかっていません。

 

 ストレスなどで自律神経のバランスが乱れ、それによって圧力異常が起こるのではないかと言われています。

 

 このような症状が現れるようになった場合には、耳鼻咽喉科で診てもらうことが大切です。
 しっかりとした検査を受けて、その原因を解明してもらいましょう。

 

 メニエール病と診断されれば、それに応じた治療を開始することになります。

 

 一般的には、ビタミン剤などの栄養補給や抗めまい剤などの薬物療法が行なわれています。
 また、症状の悪化した場合などには、ステロイド剤が使用されることもあります。

 

 メニエール病は、治ったと思っても発作が繰り返し起こるようになります。
 このため、長い付き合いになると認識して治療を続けていく必要があります。

 

 次はこちらの記事です。
 寝起きのめまいやふらつきは何かの病気?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。