生理中 めまい 対処法

生理中のめまいに効果的な対処法は?

スポンサーリンク

 

 女性には、毎月必ずやってくるものがあります。
 それは、生理です。

 

 勿論、初潮を迎える前や、年齢を重ねて閉経した後やお腹に赤ちゃんがいる間には来ることはありません。
 基本的には毎月やってくるものなので、それによる体調不良には充分な備えがあるでしょう。
 とはいえ、いざ体調不良があるととても辛くなってしまうものです。

 

 生理による体調不良には、月経前症候群(PMS)と呼ばれているものが多く見られます。
 PMSは女性ホルモンの分泌が盛んになることでいろいろな症状を起こすようになります。

 

 また、めまいも生理中によく起こる症状の一つで、皆さんもよく経験していることでしょう。
 そのめまいにはいくつかの原因がありますが、その中にひとつに貧血が挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

 ここで起こる貧血の多くは、鉄欠乏性貧血と呼ばれているもので、文字通り、鉄分の不足によって引き起こされるものです。
 鉄分の不足によって、血液の赤血球の材料となるヘモグロビンが造られなくなってしまいます。

 

 そのため、酸素を供給する役目をもった赤血球が不足し、身体中が酸素不足の状態になってしまうのです。
 いわば、酸欠状態と言っていいでしょう。

 

 この貧血を改善するために重要なことは鉄分の補給になります。
 基本的には、鉄分の多い食事を心掛け、必要に応じてサプリメントなどを利用するとよいでしょう。

 

 他に、めまいを引き起こす要因として自律神経の乱れが挙げられます。
 自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスよく保たれた状態で身体が正常に動きます。

 

 ところが、生理によってホルモンバランスが乱れ、それが自律神経の乱れに繋がってくるようになるのです。
 このような自律神経の乱れを解消するには、きちんとした食事を摂り、充分な睡眠をすることで、身体のリズムを整えるようにします。

 

 それによって、めまいの解消や予防ができるようにもなるのです。
 これらの症状も日頃の食生活を見直すことで、未然に防いだり、たとえ発症しても症状を軽く抑えることができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。