寝返り めまい 原因

寝返りでめまいがする原因とは?

スポンサーリンク

 

 「寝返りをしたら、めまいがした」
 「仰向けになったら、揺れる感じがした」
 「起き上がろうとしたら、グルグル回る感じがした」

 

 このような症状に心当たりがありませんか?
 これらの症状が繰り返すようでしたら、病気かもしれません。

 

 どのような病気かと言うと、代表的なめまいの病気です。
 病名は、「良性発作性頭位めまい症」と言います。

 

 これは、「回転性めまい」とも呼ばれており、グルグルと目が回る感じが強く起き、時に吐き気などを伴うこともあります。
 めまいの中では最も多く見られ、わりと治りやすい症状になります。

 

スポンサーリンク

 

 原因としては、内耳の古い耳石がはがれて、三半規管の中に入ってしまい、頭を動かすと三半規管が誤って反応してしまうことで発症すると考えられています。
 寝返り等で頭の位置が変わると中に入った耳石が動き、めまいが繰り返し発症するようになります。 

 

 このめまいは、「眼振」を観察することで診断できるようになります。
 眼振とは、めまいに伴って起こる眼球の規則的な動きのことです。

 

 このめまいの治療には、特別な薬はありません。
 三半規管の中に入ってしまった耳石が取り出せればめまいが治るからです。

 

 よく行なわれているものには、運動療法があります。
 頭をいろいろな方向に動かすことで、耳石を外に出そうとする療法です。

 

 これは自宅でできるものなので、医師の指示のもと繰り返し行なうようにしましょう。
 耳石が出てくれば治療完了となりますが、再発防止のためには定期的に行なうとよいでしょう。

 

 一般的にめまいがする場合には、横になって休むのがいいと思われますが、このめまいでは寝ていても一向に改善されません。
 多少のめまいは我慢して、頭を動かしてみましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 首こりや肩こりとめまい!何科に行くのか?

 

スポンサーリンク
 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。