横になる めまい 吐き気 原因

横になるとめまいがする原因とは?

 横になるとめまいがするのは、どうしてなのでしょう。

 

 日頃からめまいがすることがよくあるという人もいるでしょう。
 めまいは、脳による身体のバランス調整が上手くできなくなった時に発症することが多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 めまいにもいくつかの症状があり、同時に発症する症状によって状況が変わってくることがあります。
 原因としては、脳の疾患によるものや耳の疾患によるものなど様々なことが考えられます。

 

 そのなかでも、横になるとめまいがする場合には、一つの病気の可能性が大きく考えられます。
 それは、「良性発作性頭位めまい症」というものです。

 

 この病気では、寝たり、起きたり、或いは寝返りを打つといった頭の位置が急に変わった時に、めまいを起こすようになります。

 

 回転性めまいと呼ばれる身体がグルグル回るような感じになるめまいが、数十秒間起こるようになります。
 めまいと同時に、吐き気を催すこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 この病気の原因としては、内耳の耳石が剥がれ落ちて、頭を動かした時に耳石がに三半器官の中に入り込んで動くようになるためです。
 治療としては、薬を服用しても効果はほとんどなく、頭を動かして耳石を外に排出するようにします。

 

 このため、安静にしていることは却って回復を遅らせることになります。
 ただ、めまいを起こすのに頭を動かすというのは、素人ではなかなかできることではありません。

 

 耳鼻科等の専門医の診察を受けて、その指導の元に実施するようにしましょう。
 素人判断で間違ったことをすると、却って症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

 めまいと同時に吐き気を伴なう場合には、それを抑えるための薬を処方してもらい服用するようにします。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。