脳梗塞 後遺症 めまい 治療

脳梗塞の後遺症でめまい!その治療はどうする?

 脳梗塞の後遺症にめまいがあるのをご存知でしょうか?

 

 この治療には安静と医師の処方する内服薬が必要となるのです。
 この時のめまいは浮動性めまいという分類に入るのです。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の後遺症では脳の一部の役割を果たそうと健康な脳の細胞が活性化している時に起きるめまいだからです。
 この脳の活性化が脳梗塞の後遺症ではコントロールがうまく出来ないことから起きているのです。

 

 このめまいの治療には血液の流れを良くする薬剤をつかわれているのです。
 脳の活動を安定させる役割があるのです。
 すると治療の効果で脳の機能が上手く働くようになるのです。

 

 脳の機能は高度なものです。
 人が生きて生きていくために必要な情報が詰まっているのです。

 

 ここで脳の働きに誤作動が生じやすいのが後遺症なのです。
 その後遺症で現れるめまいは、浮動性に分類されています。
 特徴として二日酔いと似ている症状があるのです。

 

 脳梗塞の後遺症からくるめまいを解消させる方法として行われているのが免疫療法です。
 これは癌などの治療にも使われているのです。
 副作用が少ないことから利用されています。

 

スポンサーリンク

 

 これは高次性機能障害が起きている脳を安定化させるためです。
 脳が新しく再生して生まれ変わるためにはその細胞が持っている自然治癒力が必要になってくるのです。

 

 それが免疫力を高めることで新しい細胞分裂が起きます。
 これを繰り返すことで正常な脳の働きを起こしてくれるようになるのです。

 

 脳の機能が以前のようにはいかなくても必要最小限までは細胞分裂が起きています。
 二日酔いのような症状を改善して脳の機能の働きを良くしてくれるのです。

 

 この治療法からは自分の細胞を利用しているので安心出来るのです。
 違和感なく新しい細胞で必要な働きをこなしてくれる役割を持っているのです。

 

 次はこちらの記事です。
 めまい、下痢、立ちくらみがするのは何かの病気?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。