貧血 めまい 改善 治す 食べ物

貧血でめまい!症状を改善して治す食べ物は?

スポンサーリンク

 

 貧血は、赤血球のヘモグロビンの数が減り酸素を運搬する機能が低下して酸欠になってしまっている状態です。
 そのため、体に様々な不調があらわれます。
 めまい、吐き気、頭痛、頻脈、息苦しさ、食欲不振などの症状があります。

 

 めまいなどの強い症状が出ている場合は、応急処置として横になって体を温めることが大切です。
 下着や洋服などで体が締め付けられている場合は緩めることも大切です。
 体を休めることである程度の改善が期待できます。

 

 それでも改善されない場合は、病院で治す必要があります。
 方法としては、注射や点滴や内服薬で鉄剤を投薬します。

 

 点滴や注射は血管にダイレクトに働きかけることができるのであっという間に症状が改善されて元気になる人もたくさんいます。
 その後内服薬を数週間飲み続けて、血液検査をします。
 ヘモグロビンの値が正常値に戻っていれば治療の終了となります。

 

 貧血はとても辛いものです。
 日頃の食生活や生活習慣を見直して症状を治し、予防や改善に努めることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 貧血を改善して治す効果のある食べ物は、鉄分、葉酸、ビタミンB12を多く含むものです。
 レバー、マグロ、カツオ、イワシ、アサリ、牡蠣、卵、大豆、ほうれん草、ブロッコリーなどがおすすめです。
 ヘモグロビンを増やす効果が期待できます。

 

 これらの食べ物を毎日の食事に積極的に取り入れ、ビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく摂取することが大切です。
 食事で摂取することが難しい場合は、サプリメントやドリンク剤などで補うのも効果的です。

 

 そして、1日3食きちんと食べることも重要です。
 鉄分や葉酸やビタミンB12の栄養を効果的に吸収して代謝をアップさせるためには適度な運動や良質な睡眠も大切です。

 

 ウォーキングやストレッチや筋トレや体操などのどこでも手軽にできる運動を生活の中に取り入れることを心がけましょう。
 バランスのとれた食生活や適度な運動や良質な睡眠などの健康的で規則正しい生活習慣を身につけて、貧血に負けない体づくりをしていきましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 めまいを予防する体操とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。