めまい ふらつき 浮遊感 生理前

生理前でのめまいのふらつきや浮遊感を予防するには?

スポンサーリンク

 

 姿勢のバランスを保つ機能が乱れるとめまいが起こります。
 その機能をもっているのが、耳や脳などです。

 

 原因として考えられるのは、耳であったら例として中耳炎が挙げられます。
 中耳の炎症が内耳に及ぶと内耳の働きが以上となり、ふらつきや浮遊感を感じることがあります。

 

 また、脳梗塞や脳出血などの脳が原因の可能性も考えられます。
 これらの症状によって小脳や脳幹に十分な血液が運ばれないため、血液不足で起こる可能性があります。
 このような重大な症状によるものは、浮遊感を伴う場合が多いです。
 浮遊感を感じためまいの場合は注意するべきです。

 

 そのほか貧血などでふらつき、めまいが起こったり、生理前になると黄体ホルモンの影響でめまいが起きたりします。
 生理前の症状は、生理が来ると嘘だったかのように治るのですが克服するには難しいです。

 

 また、ストレスやうつ病、自律神経系のパニックなどの精神的要因から引き起こされたりもします。
 様々な要因から引き起こされるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 では、どのように対策したらよいのでしょうか。
 まず、中耳炎などのグルグル回っているような感覚がするときの対策として考えられるのは、規則正しい生活をすることです。

 

 タバコを控えたり、塩分水分を摂りすぎないことは大切です。
 また、睡眠もしっかりとりましょう。
 脳梗塞や脳出血によって引き起こされる、浮遊感を伴う場合は、塩分糖分の摂取量を気にすることや、ストレスを溜めないことが対策としてあげられます。

 

 また、大きな病気のサインかもしれないので、早めに病院で診察することも考えるべきです。
 立ちくらみのような時は、立ったり歩いたりする動作をゆっくりすることで防ぐことができます。

 

 もし、急激なめまいが起こってしまったら、安静にすることが大切です。
 軽く目を閉じ、静かなところでゆっくり休みましょう。
 極力態勢は、横になることです。

 

 頭を動かさないでじっとしていることが大切です。
 また、吐き気を伴う場合は、寝不足などの生活習慣の乱れの可能性があるので、横になり睡眠をとりましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 栄養失調でめまいの症状!原因はダイエット?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。